加治木まんじゅう

 

加治木まんじゅう

1606年島津義弘公が平松(姶良)から加治木への移城に先立ち、欄千橋の築造工事をしました。その時にお菓子を出されたのが加治木まんじゅうのおこりと伝えられています。

桜島サービスエリア上下線、七ツ島物産館で蒸し立てを販売。

 

竜乃家店頭へお買い求めの際は、事前にお電話にて数量・日時をご予約されると蒸し立ての加治木まんじゅうをご用意いたします


商品についてのご質問などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら