いこもち

いこもち

煎った米の粉を材料にすることから、いりこもちとも呼ばれます。
江戸時代から鹿児島の庶民に親しまれてきたお菓子。
なめらかできめの細かい白と、米の粉をさらに煎って香ばしく仕上げた茶色の二種類をお楽しみいただけます。